効率よくお風呂で温まる方法/ダイエット茶と寒い季節の冷え性対策

ダイエット茶のききめを高めるためには、体をひやさないことも大切。
寒い季節には、お風呂であたたまりましょう。
具体的には、38~40度のお湯に20分程度つかるのがベストなんだとか。肩までつかるとのぼせてしまうので半身浴がよさそうです。

より効率よくあたためたいなら、入浴剤を使いましょう。
入浴剤メーカーが検査をした結果、入浴後2時間以内なら入浴剤をいれているほうが保温効果が高かったそうですよ。

<特に冬にお勧めの市販入浴剤>
・硫酸ナトリウム 成分入り (保温効果あり)
・炭酸ガス(ぶくぶく)を出すもの (血をスムーズに流れさせてくれる効果あり)

<自分で作る入浴剤>
・ミカンの皮
・ユズの皮
・松の葉
・大根の葉

こういったものを陰干しし、木綿やお茶用の使い捨て袋にいれて使います。でもミカンなら15個程度は必要だとか…。なかなか大量に必要ですね。

→体を一番あたためてくれる「硫酸ナトリウム」「炭酸ガス」の入った入浴剤をみてみる
(クリックで楽天市場へとびます)


みんなはどうやって痩せてるの?(´・ω・)
⇒ 楽天市場でランキング1位になっているダイエット茶をみる

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ