ゴーヤー茶

沖縄美人がこのむ、ビタミンC豊富なお茶
ゴーヤ茶

ゴーヤー茶とは

ゴーヤ茶、ニガウリ茶、苦瓜茶とも呼びます。ゴーヤーとは沖縄の方言なのですが、今では“にがうり”よりも有名ですね。熱帯アジア、沖縄が原産地。全面のイボのようなでこぼこが特徴で、名前の通り強い苦味があります。

しかしただ苦いだけではなく、この苦味成分が中性脂肪を下げたり、免疫力アップの役目を果たしています。
ビタミンCもかなり多く含まれるため、美白・美肌に役立ちます。

ゴーヤー茶の成分 効果 効能

【成分】
 ・ビタミンC
 ・共役リノール酸
 ・モモルデシチン(苦味成分)

【効果 効能】 

ダイエットに効く効果としては
 ・共液リノール酸が内蔵脂肪・皮下脂肪を燃焼させやすくしてくれます。
 ・ビタミンCがたくさん含まれているので、お肌もつるつるに。

また、古くから認められてきた健康面の効能は、
 ・糖尿病予防
 ・整腸作用
 ・夏バテ防止

があります。

【ゴーヤー茶の味】
・ゴーヤー野菜と同じで独特の苦みがあります。ゴーヤー料理が苦手な人には飲めない味でしょう。逆に「ゴーヤチャンプルーなどが大好き!」という人にはオススメです。

・飲みにくい場合は、麦茶とブレンドすると飲みやすい

ゴーヤー茶の効果的な飲み方
・飲む量は1日に1リットル、最低でも500ml飲んだほうがよいのだとか。それからゴーヤーの種入り茶でないと効果がうすいとのことです(ヤフー知恵袋より)

ゴーヤー茶の効果的ないれ方
ゴーヤー茶には粉末タイプ、ティーバックタイプ、スライスタイプの3パターンあります。

・スライスタイプは、ゴーヤーをスライスして乾燥させたもの。
お茶にするには、そのスライス5g程度をポットにいれて熱湯をそそぎます。成分を濃くだしたい場合は、ひと煮立ちさせるとよいようです。
こちらのスライスタイプが見た目にもゴーヤーぽい!と人気みたいですよ。

・粉末&ティーバックタイプは普通のお茶とおなじく、マグカップなどにいれてお湯そそそげばOKです。

ゴーヤー茶のレビュー・感想・口コミ・評判

ゴーヤ茶おすすめ
(募集中です。今のところありません)

おすすめのブランド茶葉

⇒⇒国産100%茶葉で評判が良いものをリサーチ中です。もう少しお待ちください。


みんなはどうやって痩せてるの?(´・ω・)
⇒ 楽天市場でランキング1位になっているダイエット茶をみる

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ