「体脂肪に効果」の記事一覧

プアール茶 (プーアール茶)

リバウンドしにくいダイエット茶として注目を集めています。 プーアール茶とは プーアール茶、プーアル茶、プアール茶、普洱茶、とも言います。中国では食事中に合わせるほどポピュラーなお茶です。プアール茶で一番有名なのは中国南省・・・

パパイヤ茶

パパイン酵素が脂肪をやわらかくしてくれるパパイヤ茶。肥満防止に! パパイヤ茶とは パパイヤは熟すと黄色いフルーツですが、沖縄では青いままで野菜として売られています。パパイヤ茶は熟す前の青パパイヤを干して作ったものです。青・・・

びわ茶(ビワの葉茶・ビワ茶・枇杷茶)

びわ茶(ねじめビワ茶)は国立鹿児島大学との共同研究で、“メタボリック症候群に大変有効な食品である”と発表! (画像:ビワの葉) びわ茶とは ビワの葉茶、びわの葉茶、ビワ茶、枇杷茶とも呼ばれます。今でこそあまり見られなくな・・・

ウーロン茶 (烏龍茶)

脂肪を洗い流す! 日本で一番ポピュラーなダイエット茶 ウーロン茶 (烏龍茶)とは 茶色のウーロン茶葉ですが、実は日本の緑茶とおなじ種類の「茶葉」を使っています。緑茶は茶葉を発酵させずに乾燥させるので緑色のままですが、ウー・・・

おから茶

おから茶は大豆イソフラボンがたっぷり! 脂肪の吸収をおさえる (画像はおから) おから茶とは “おから”は大豆から豆腐をつくったあとにできる副産物の“カラ”です。おから茶はこの“おから”を乾燥させたお茶です。これまで豆腐・・・

ゆず茶 (韓国柚子茶)

韓国美人はみ~んな飲んでいるゆず茶? ビタミンCがレモンの3倍 ゆず茶とは ゆず茶は韓国の伝統的な美容茶です。ゆずの実を薄切りにして砂糖やハチミツで漬け込み、それをお湯でわって飲みます。ゆず(柚子)はミカン科の樹木。スッ・・・

人参茶 (にんじん茶)

頑固な便秘もスッキリ! 人参茶とは 人参茶(にんじん茶)は野菜として食べられている人参(=根っこ)を乾燥させて作ったものです。人参はベータカロチンをたくさん含んでいるのが特徴。美肌を保つのに役立ちます。また水溶性の食物繊・・・

ラズベリーリーフ茶 (ラズベリーティー)

ラズベリー茶は唐辛子より効果絶大! ラズベリーケトン成分が脂肪を分解してくれます ラズベリーリーフ茶とは ラズベリーティー、ラズベリー茶ともいいます。ラズベリーリーフ茶はヨーロッパでは古くから親しまれてきたハーブティーの・・・

ゴーヤー茶

沖縄美人がこのむ、ビタミンC豊富なお茶 ゴーヤー茶とは ゴーヤ茶、ニガウリ茶、苦瓜茶とも呼びます。ゴーヤーとは沖縄の方言なのですが、今では“にがうり”よりも有名ですね。熱帯アジア、沖縄が原産地。全面のイボのようなでこぼこ・・・

グァバ茶

飲みにくい漢方が苦手な方にオススメ (画像:グァバの実) グァバ茶とは 熱帯地域の植物で、「グァバジュース」としても親しまれています。ジュースは果実の部分ですが、お茶となるのは実の皮と葉の部分を乾燥させてつかいます。グァ・・・

黒烏龍茶 (黒ウーロン茶)

国もみとめた! “脂肪をおさえる”効果アリ! 黒烏龍茶とは 黒烏龍茶(くろうーろんちゃ)は、飲料メーカー「サントリー」が販売している、特定保健用食品(トクホ)に認定された黒い色をした烏龍茶です。“脂肪吸収を抑え、食後の中・・・

ギムネマ抑糖茶 (糖分の吸収を抑えるお茶)

薬剤師が責任をもってブレンドしたダイエット茶 ギムネマ抑糖茶とは 「ドラッグほうれん草」に勤める薬剤師の小野芳行さんが責任をもってブレンドしたお茶。名前のとおり主成分は糖分の吸収をおさえてくれるギムネマ酸がはいっている。・・・

シモン茶

美肌にも役立つ、注目の九州地方特産“ダイエット茶”。妊娠時にお医者さまからとるように勧められる成分、葉酸がはいっています。 シモン茶とは シモーネ茶とも呼ばれています。白さつま芋の一種である“シモン芋”の葉から作られるお・・・

葉ニンジン茶 (葉人参茶)

脂肪が気になる女性におすすめ 葉ニンジン茶とは 葉人参茶、にんじん葉茶ともいいます。その名のとおりセリ科である、人参の葉の部分をお茶として使用したものです。ふだんスーパーで売られている人参は“根っこ”ですが、葉にはそれ以・・・

ギムネマ茶

“砂糖を壊す!” 最強のダイエット茶 ギムネマ茶とは ギムネマは正式には“ギムネマ・シルヴェスタ”といいます。インドの言葉で「グルマール=砂糖を壊す」と呼ばれるほど、糖分の吸収をおさえる働きがあるお茶です。原産地はインド・・・

タラ葉茶

山の恵みをカラダにとりこもう。サポニンが糖の吸収をおさえます! タラ葉茶とは たら葉茶、タラ茶とも言います。タラは春の山菜の王様とよばれており、若芽はとてもおいしい一品です。タラ葉茶は、そのタラノキの葉を乾燥させてつくり・・・

アマランサスティー茶

古代インカ人が“脅威の穀物”と呼んだほどのお茶 アマランサスティー茶とは アマランサスティーはアマランサスの実を取ったあとの茎と葉を干したものを茶葉として使います。古代インカの時代から、原料植物のアマランサスはその栄養の・・・

クミスクチン茶

糖分と脂肪吸収をおさえてくれるロズマリン酸が豊富! クミスクチン茶とは 沖縄では最も有名なお茶のひとつ。 ネコノヒゲ とも呼ばれるシソ科の植物です。「クミスクチン」もマレー語で猫のひげ、という意味です。古くからヨーロッパ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ