ダイエット茶の成分のハナシ

ダイエット茶を飲むと、なぜダイエットに嬉しい効能や効果をもたらしてくれるのでしょうか?
ハイ、それはお茶には数々の「成分」が含まれているからです。

このページではお茶に含まれている有名な成分をちょっと紹介したいと思います。

ダイエット茶に含まれる代表的な成分と効果

タンニン お茶の渋みはこの成分のせいです。殺菌・消毒作用があります。脂肪の分解、利尿作用、活性酸素を抑える働きも。
タンニンが入っているお茶リストをみる
カテキン タンニンの一種で日本茶(特に緑茶)に多く含まれています。抗菌作用があります。コレステロール値をおさえる作用あり。
カテキンが入っているお茶リストをみる
サポニン 独特の味はこの成分のせい。ウーロン茶、クロマメ茶、びわ茶などに多く含まれています。コレステロールを抑えて、脂肪を分解、肥満防止に役立つので、脂っこい食事をとるときに一緒に飲むとよいですね。おなじ働きをする成分にポリフェノールがあります。
タンニンが入っているお茶リストをみる
ビタミン類 ほとんどのダイエット茶に含まれています。ビタミンA(ベータカロテン)、B、C、Eなど。特にビタミンCは美白に効果があります。ビタミンBは粘膜を保護するのでお肌の再生に役立ちます。
ビタミン豊富なお茶リストをみる
ミネラル類 人間の体に必要なマグネシウム、亜鉛、鉄分など。
ミネラル豊富なお茶リストをみる

みんなはどうやって痩せてるの?(´・ω・)
⇒ 楽天市場でランキング1位になっているダイエット茶をみる

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ